PHPExcelで、PHPからExcelを作成・操作する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

phpexcel_logo

PHPからExcelを操作したいことがありましたので、PHPExcelを使ってみました。

現バージョン(1.7.8)を使った簡単な導入方法を紹介します。
いろんなところでも紹介されていますが、備忘録もかねて。

phpexcel001まずは、公式サイトから最新版のPHPExcelをダウンロードします。
ダウンロードしたzipファイルを解凍し、「Classes」ディレクトリを、利用するサイトディレクトリ以下に配置します。
たとえば、「htdocs」がルートディレクトリだった場合、その直下に配置すると「htdocs/Classes」となりますね。

それから、利用したいPHPファイルで「Classes」ディレクトリを読み込めるようにパスを通します。

「get_include_path()」で取得した現在のパスに、「PATH_SEPARATOR」で区切って、「$_SERVER[“DOCUMENT_ROOT”] . ‘/Classes/’」を追加して、「set_include_path()」でセットし直しているんですね。

それから、ライブラリを読み込みます。

「Classes」ディレクトリ以下にある「PHPExcel.php」と「PHPExcel/IOFactory.php」をインクルードします。
ちなみに、2つめの「IOFactory.php」ですが、Excel2007形式(.xlsx)を扱う場合は、以下のようにしてもいいです。

ここでちょっと気づいたんですが、色々な説明サイトでも、公式のスクリプトでも上記のように説明しているんですが、
Excelを読み込むのも書き込むのも「PHPExcel.php」だけインクルードしていれば、ちゃんと動きました。
PHPExcelの動きを追いかけていないので詳しいことはいえませんが、パスさえ通しておけば以下でも大丈夫なのかもしれませんね。

そして、新規でExcelを作成する場合と既存のファイルを開く場合で処理がかわります。

これで、Excelファイルが扱えます。
次にシートを選択します。

そして、セルに値をセットします。

あとは、セットした値を保存します。

 

これで、PHPからExcelファイルを操作できます。
これを利用すれば、前にやったHandsontableをインターフェイスにして、Excelを操作できますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。




コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。