XAMPP環境でImageMagickをインストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

とある開発を行うために開発環境が必要になったので、設定しました。

  • Windows7 64bit
  • XAMPP 1.8.1(PHP 5.4.7)

これにMySQLも必要な環境だったけれど、今回のお話には関係ないので・・・

まず・・・

このXAMPP環境で、eps画像をアップロードして、それをWEBで表示するためにjpgかpngに変換する必要があった。
GDは標準でインストールされていたけど、ImageMagickもインストールする必要があるらしく、いろいろ探したんだけどバージョンにあった資料があまりなかったので、後学と備忘録のためにメモ。

設定

必要なファイルをすべてダウンロードします。

  • Microsoft公式サイトから「Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x86)」ファイル(x64はこちら
  • こちらのサイトから「imagick-php54-php53.tgz」ファイル(2017/9/6 リンク切れになっていました。こちらからダウンロードできます。)
  • GhostScriptのSourceforgeサイトから「gs907w32.exe」ファイル

まず「Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x86)」をインストールします。

インストール、再起動が終わったら、「imagick-php54-php53.tgz」を解凍して、その中にあるphp54フォルダの「php_imagick_ts.dll」と「ImageMagick-6.8.0-vc9」フォルダを以下のアドレスにコピーします。

c:\xampp\php\ext

そして、Windowsの環境変数にある「Path」にパスを追加します。

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」の左メニューにある「システムの詳細設定」をクリック。
「詳細設定」タブにある「環境変数」をクリック。
「システム環境変数」にある「Path」を選択して「編集」をクリック。
「C:\xampp\php\ext\ImageMagick-6.8.0-vc9;」を先頭か最後に追加します。(今ある情報を消さないように注意!)

さらに、c:\xampp\php\php.iniの「extension=」が追加されている最後部くらいに以下を追加します。

「extension=php_imagick_ts.dll」

ここまですると、phpinfo()にimagickの項目が表示されるはずです。
これでjpg、pngなどの相互変換はできますが、epsは扱えないので、扱えるようにGhostScriptをインストールします。

「gs907w32.exe」をインストールすると以下のファイルで変換できました。

これでやりたいことが出来そうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。




コメント

  1. nan より:

    おかげさまでインストールできました! 備忘録ありがとうございました!

    1. Styler より:

      nanさん
      お役に立てたようで何よりです。意外と環境やPHPの各バージョンに合った簡単な導入方法というのが、ないんですよねぇ。

    2. Marina より:

      Gosh, I wish I would have had that inoaimftron earlier!

    3. Aziz より:

      Thanks for shagrni. Always good to find a real expert.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。